2018-2019年度会長挨拶

会長 村上 康司
★2018-2019年度 クラブスローガン★
“Rotary Spirit & Osaka Urban Pride”

当クラブは、これまでのロータリーの考え方にとらわれないダイナミックなクラブ作りで、これからのクラブの在り方として、新しい活力をもたらすことを目指し、第2660地区として初の朝例会のクラブとして設立されました。2011年12月8日に設立総会、翌2012年2月6日にチャーターナイトを開催、今年度で7年目を迎えます。現在も当地区では唯一の朝例会クラブで、会員数は現在29名、会員は30代~70代(うち女性5名)と幅広い年齢層で構成されています。

 さて、昨年度はグローバル補助金を使った国際奉仕活動が実施されました。クラブ創立6年目で、このような奉仕活動ができることは、とても素晴らしいことだと思います。

 

今年度は基本に戻って「親睦と奉仕」を最重視しクラブの発展に努めます。ロータリー精神を基本に、大阪アーバンRC独自の発想と誇りをもって行動するという意味を込めて、今年度のスローガンを上記に決めさせていただきました。

また、四大奉仕活動委員会を一つにまとめ、「奉仕プロジェクト委員会」とし、日本国内で会員全員が参加できるような奉仕活動を実施するとともに、親睦委員長を中心に、趣向を凝らした様々な企画によって、より一層会員同士の交流を深めます。

ロータリーの良き伝統は守りつつ、大阪アーバンRC独自の発想をもって、会員各々がロータリーを楽しむことを最優先考えています。

 最後になりましたが、各会員の貴重な時間と会費でクラブ運営がなされていることを念頭に置き、楽しいクラブ作りを基本に、奉仕活動を実施できるよう努めてまいります。皆様、宜しくお願い申し上げます。